カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

誰もが知っておきたいマイナンバーの基礎知識

平成28年1月から番号制度が開始されると行政事務や国民の利便性はどのように向上するのか。番号制度の実際の利用者である個人の視点に立ち、制度導入の背景、番号制度のメリット、個人情報保護の主な対策など、従業員一人一人が事前に知っておきたい基本情報を丁寧に解説しています。
平成28年1月からの運用開始に向け、従業員に周知しておきたい経営者の方にも広くご活用いただけます。

9259_56086
※クリックすると本書の内容の一部、目次等をご覧いただけます
(サンプルはAdobe Flashに対応したPC等でご覧いただけます)




誰もが知っておきたいマイナンバーの基礎知識

価格:

216円 (本体 200円)

購入数:

規格 A4判28頁
発売 2015年4月16日
※当社直販商品です

CONTENTS <目次>

1.「社会保障と税の共通番号制度」とは
 Q1 「番号制度」の趣旨・導入の背景
 Q2 マイナンバーの指定・通知等
 Q3 マイナンバーの利用範囲
 Q4 「番号制度」で何ができる?

2.「番号制度」でできること−“所得把握の精度の向上”
 Q5 所得の過少申告、所得税の不正還付等の防止
 Q6 生活保護の不正受給等の抑制

3.「番号制度」でできること−“行政事務の効率化による国民の負担軽減”
 Q7 行政手続きにおける添付書類の省略(不要化)等

4.「番号制度」でできること−“国民の利便性の向上”
 Q8 「マイ・ポータル」サービスとは
 Q9 行政分野以外でのマイナンバーの利用は

5.「特定個人情報(マイナンバーを含む個人情報)」の保護
 Q10 「特定個人情報(マイナンバーを含む個人情報)」保護の仕組みの眼目
 Q11 特定個人情報の一元管理ができない仕組みの構築
 Q12 成りすまし防止のための「厳格な本人確認」の義務づけ
 Q13 特定個人情報の「目的外利用」の禁止
 Q14 情報漏えいの防止対策
 Q15 特定個人情報の不正利用や漏えい等に対する罰則
 Q16 独立した監視機関の設置―「個人情報保護委員会」

6.「法人番号」の指定・通知等
 Q17 「法人番号」の指定・通知・公表


ページトップへ